山を登る

  • URLをコピーしました!

タイトルにしたものの,山登りをしたことがない𠮷水です。
#海も好きじゃないよ笑

教育実習でよく出る質問と,その質問に対しての答えをここにメモしておきます。

「どんな活動をすればいいか分からない」

結論から言うと,「ゴールが設定されていないから」です。

「どんな活動をしようかな」→「これにしよう」→「それじゃ,ゴールは……」

上記の流れでは,目指すものがどんどん変わっていきます。

せっかく「英語で自分の尊敬する人についてのスピーチができる」をゴールに設定して頑張っていたのに,次の授業のゴールが「ハリウッド・スターにファンレターを書こう」では,生徒は迷子になってしまいます。

生徒は何を頑張れば良いのか分からなくなり,学びの手を止めてしまいかねません。

登る山を決める

たとえ話をします。
#分かりやすいから付き合ってね

まず,登る山を決めます。

登る山のスケールによって,バックパックのサイズが変わります。
#その辺りの山とエベレスト山は次元が違う

そして,持っていくものが決まっていきます。
#最早自動化

これが授業や単元,そして年間の目標に当たります。

レインウェア,コンパス,地図などがそれです。

ここまで書けばもうお気づきだと思いますが,これは授業でも同じです。

ゴールを設定します。(どこに行くかを決める)

その力をつけるのに必要な活動を決めます。(準備をする)

実際に授業をします。(出発進行!)

最後までお付き合いいただき,ありがとうございました。

余談

YouTubeチャンネルもお願いします!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる