させてみる

  • URLをコピーしました!

タイトルで今回の記事の全てを語った𠮷水です。
#これからどうしよう

水泳に例える

これから例を出します。

① 五輪金メダリストの水泳選手の講義を毎日1時間聞く。

② 五輪や大会には出たことがない水泳トレーナーと一緒にプールで毎日1時間練習する。

どちらの方が早く泳げるようになるかは一目瞭然です。

そうです,②です。

しかし,学校の教員はなぜか①を選ぶ人ばかり。

黒板の前に立ち,説明をくり返す。

生徒は前を向いて話を聞く。

これでその教科の力が身につくのであれば,日本は天才大国になっていたでしょう。
#授業中の聞く態度の素晴らしさ

何なら,水泳の例の話では②を選んでいるにも関わらず,自分の授業では①のスタイルという人もいます。

ここまでくるとぶっちゃけお手上げなのですが,生徒のためにもそんなことを言っていられません。

何度でもくり返し,しつこく言います。

「まず,させてみましょう」

これだけです。

プールに入ってみて,水に触れてみて,初めて分かることはたくさんあります。

映画ではあんなに簡単に水の中で浮いているのに,実際はそこまで浮くことができずに沈んでしまうこと。

息継ぎをしようとすると,思っていたより水が口の中に入ってきて飲んでしまうこと。

これらは講義を聞いているだけでは分からない情報です。

「百聞は一見に如かず」には続きがあります。

それは「百見は一考に如かず」「百考は一行に如かず」です。

つまり,行動に勝るものはないということです。

行動して,考えて,見て,話を聞く

全部させてあげれば良いです。

これが生徒自身の力でできてくれば,後は勝手にどんどん学んでいきます。

しかし,全てこの方法で上手くいくとも思っていません。

なぜか教育界では「タブレット端末より板書」のような極端な争いを目にしますが,どちらにも良い点があります。

必要なときに,使いやすい方を選択すれば良いだけなのです。

そして,その選択も生徒にさせてあげた方が良いでしょう。

「書なら紙に」という指導をときどき目にしますが,私たちでさえ手で文字を書く機会はほとんどありません。

教育に携わる者として,私たちは時代の変化に目を向けることが大切です。

今日の常識が明日の非常識となる時代です。

明日も頑張りましょう。

余談

英語でいきなり自分のことを話そうとしても,結構難しくて言えないという場面をよく見ます。

しかし,これは大成功です。

この行動のおかげで,「今の自分にとって,自分のことを言うのは難しい」と分かるからです。

そうなれば,後は自分の言いたいことを表現するために学習が始まります。

そしてまたパフォーマンスをする。

このくり返しで少しずつ上手くなっていきます。

「この間も教えたはずだ」なんて言ってはいけません。

ほとんどの生徒は真面目に話を聞いてくれていますが,何も体験していないのでその多くは他人事です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次