使役動詞(make let have)

昼食を抜いて,筋トレを始めた𠮷水です。
#朝食は元々食べない

英語情報Web記事も読んでいただけると喜びます。

使役動詞

make と have についての過去記事もよろしくお願いいたします。

あわせて読みたい
make 記事を書くページが更新後から不具合だらけで note に浮気をしていた𠮷水です。#直し方を教えて make make と聞くと「作る」が頭に浮かぶと思います。 しかし,中学2年...
あわせて読みたい
have 「基本動詞」 英語には「基本動詞」と呼ばれるものが存在します。 「基本動詞」は様々な場面で使うことができるので,英語でのコミュニケーションに幅が生まれます。 そ...

それでは,今回は make,let,have を比べていきます。

これらの動詞は「使役動詞」と呼ばれていますが,「使役」と聞くと結構厳しく「〜させる」というイメージを持たれるのではないでしょうか。

まずはそのイメージを捨てて,これから新たに概念化してみてください。
#概念化
#日本語あってる?笑

make

I made him do his homework.「私は彼に宿題をさせた」

それでは,コアを意識して考えていきます。

【コア】make「手を加えて何かを作る」

今回の例文を見ると,「彼に(him)手を加えて(made)宿題をする(do his homework)という行動を作った」ということになります。
#回りくどいけど
#我慢してね

つまり,彼は宿題をする気はなかった(したくなかった)けど,私がさせたということになります。

ここから分かるのは,make が強制的なニュアンスを含むということです。

let

【コア】let「何かを阻止しないでそのままさせる」

make と違い,「許可をする」というニュアンスがあります。

The Beatles という伝説のロックバンドの代表曲に Let It Be があります。

これは「成り行きに任せる」「成るように成る」「放っておく」という意味です。

I’ll let him eat his favorite foods.「彼に好きなものを食べさせよう」

Let me know.「教えてほしい」などの表現も便利です。

have

最後は have です。

【コア】have「自分の領域に何かを持っている」

中学1年ですぐに学ぶ have はとても便利な基本動詞です。

「使役動詞」として使う場合,「何かを持つ」から「状況を確保する」という意味展開が起こると考えると分かりやすいです。

I’ll have him call you back soon.「すぐに枯れに折り返し電話させよう」

Do to others as you would have them do to you.「人にしてもらいたいことを人にもしてあげなさい」

最後までお付き合いいただき,ありがとうございました。

余談

ここまで読んでいただいた方ならお気づきかと思いますが,今回の「使役動詞(make,let,have)」を使用する場合,「使役動詞+人+do動詞」となり,「to do動詞」とはならないことに注意してください。
#受け身のときは
#to

したがって,do,eat,call は全て原形で使っています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる