バナナじゃなくてbanana

帯活動を細分化した結果,まだまだできることがあると気がついた𠮷水です。
#ふり返りは本当に大切

最近,小学校の英語の授業(外国語活動)でときどき使用されている教材を使って,授業の最初に声出しをするようにしています。

それが「バナナじゃなくてbananaチャンツ」というもの。

本当にただのウォームアップ前のウォームアップ(#何それ)のようなつもりで始めましたが,「英語で何と言うのか知らなかった」という意見が生徒のふり返りでよく出てきます。

今回はその中で「生徒が知らなかったランキングベスト3」を紹介します。
#この場合はワーストかしら
#まぁいいや

3位 シュークリーム

cream puff

そもそも日本語英語に存在していないので,無理もありません。

カタカナでも良いから「クリームパフ」と言うようになれば浸透していくでしょう。

2位 ココア

hot chocolate

私はこれを留学中に知りました。

最初は「ココアに似たものがあるんだなー」くらいに思っていたのですが,それがまさに「ココア」でした。笑

This it it! です。

1位 スイス

私も学生時代にビックリしました。

「え?」となったのを今でも覚えています。笑

英語以外のほとんどの言語で「スイス」と呼ばれています。

しかし英語は形が変わり,次のようになります。

Switzerland

ちなみに,「スイスの〜」「スイス人」を表現するときは Swiss です。
#なんでやねん

まだまだ途中なので,これからランキングは入れ替わるかもしれませんが,そのときはまたここで報告します。

最後までお付き合いいただき,ありがとうございました。

余談

個人的には国名の回が一番面白かったです。

まだまだ「え,イタリアって英語じゃないの?」などの声が上がっており,新たな気づきに大いに役立ってくれています。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる