breakfast

朝ごはんは高校生の頃からあまり食べていない𠮷水です。
#明日から食べる量を減らそう

朝食

英語を学習していて breakfast「朝食」を知らない人はいないでしょう。
#いるかもしれないじゃん

しかし,lunch や dinner に比べて,breakfast は少し覚えにくい……という人がいるようです。

その原因は長いスペリングにあるので,今回はなぜこのようなスペリングなのかということを解説します。

ちなみに,生徒に「breakfast はどのようにして生まれたのか」という質問をすると,必ず「速く壊す」と返ってきます。笑

中学校で学ぶ英語では fast「速い・速く」として使われるので当然でしょう。

fast「断食」

fast「断食」が breakfast の謎を解明します。

例文で分かりやすくいきましょう。

Can I break my fast?「断食,やめていいかな?」

「fast を break する(断食を止める)」という表現,これこそが breakfast「朝食」の語源です。

例えば,断食期間が3月1日〜31日とします。
#長過ぎる

そうなると,4月1日の朝から食べてオッケーということになります。

つまり,本当の意味で断食を終わらせるのは,時間ではなく breakfast「朝食」なのです。

朝食を食べることにより断食が終了するのです。

最後までお付き合いいただき,ありがとうございました。

余談

私は朝食よりも睡眠を優先してしまう人間です。

ときどきコーヒーを飲むことはありますが,朝は水が一番です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる