自己紹介

休日である本日は道徳科の指導案を作成することになった𠮷水です。
#道徳は大好きです

Self-Introduction

英語の授業が始まると私は必ず自己紹介をさせます。

最初に英語力(特に話す力)をじっくり観る良い機会です。

初めて会った私と数日一緒に過ごしただけのクラスメイトの前でいきなり英語で自己紹介をしようとはならないので笑,まず私が自己紹介をすることで生徒に「何を話すか」「どの順番で話すか」「これくらいの量を話すか」という具体例を示します。

そしてペアで自己紹介の練習をします。

ペアで行っている間も「全体の前で自己紹介をしている」というイメージをするように伝えます。

数回ペアを替えて練習をした後はいよいよ本番です。

小学校英語の賜物ですが,先日の記事で書いた「英語が嫌い」だと言っていた生徒も難なく自己紹介をしていました。
#素晴らしい

中には次のような生徒もいました。

I get up … Oh, sorry. I got up at 5:00 this morning.

うおー! 自分で気が付いて過去形に直しちゃった!

そうかと思えば次の生徒も攻めてきます。

I’ve practiced — since I was the third grader.
(— は個人情報のため伏せています)

生徒のレベルが高くてやり甲斐しかありません。

知識はどんどん自分たちで吸収して学んでいってくれるので,やはり授業では学校でしかできないことを中心に行っていきます。

またGIGAスクール構想により生徒1人1台タブレット端末が整備されました。

ここに中学3年間で学ぶ予定の文法事項などを全部放り込む予定です。

単に Unit 1,Unit 2 とするのではなく「〜と言いたいとき」とあくまでも場面・状況を意識して学べるように整理します

最後になりましたが,次回か次々回で今年度より実施している「5ラウンドシステム」についても触れたいと思います。
#3年ぶり

最後までお付き合いいただき,ありがとうございました。

余談

英語というより学校生活全般に関わることなので必ず最初から意識して指導するのが「発表している人の方を見よう」です。

耳だけで聞くより身体全体で聞く方が記憶に残ります。

生徒にはどんどん友人関係を繋いでもらい世界を広くしていってほしいです。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる