中学校教員の1日

中学校で働いた経験しかないので他の職業について何も語れない𠮷水です。

そこで今回は中学校教員の1日をざっと書き出してみます。

中学校教員の1日

7:00〜7:30 学校到着
平均して大体これくらいの時間に学校に着くようにしています。
寒い時期は早起きができません。笑

到着後〜8:00 仕事開始
すぐに MacBook Pro を開いて仕事に入ります。
ただ私の場合は職員室に人がいると集中できないのでイヤフォンをすることもしばしば。
朝早くから「英語を教えてください」という生徒が来てくれる日はハッピーなスタートが切れます。

8:00〜8:10 挨拶運動
生徒と一緒に玄関で挨拶運動に参加します。
挨拶は生徒のその日の状態を表す情報の宝庫です。

8:25〜8:35 朝読書
私たち教員も生徒と一緒に読書をすることもあれば生徒の様子を観察することもあります。
読む姿を見せることも生徒の様子を把握することもどちらも大切です。

8:35〜8:40 朝学活
1日のクラス目標を共有します。
目標がないとただ学校にいるだけになってしまいます。
私は毎日ここで学級通信を読んでもらう時間を設けていました。
(生徒全員がしっかりと読み込んでくれたことに感謝)

8:50〜12:40 授業(50分)×4コマ(授業間休憩各10分)
やっと教員のメインの仕事です。
学校でのほとんどの時間を授業に使います。
そのため生徒にとって意味のある時間にすることが大切です。

12:40〜13:10 給食準備&食事&給食片付け
ある意味一番忙しい時間です。笑
早く準備ができれば食べる時間に余裕が生まれるので意識して動かなければなりません。

13:10〜13:30 昼休み
教員も休憩できる……わけではなく生徒と話をしたり一緒に運動をしたりします。
(私自身はゆっくり生徒の様子を観察したり話をしたりと有意義に過ごせるので結構好きな時間です)

13:30〜15:20 授業(50分)×2コマ(授業間休憩10分)
授業後半の部です。
給食後なので生徒の眠気がピークになります。
活動主体の授業で脳みそを汗だくにしましょう。笑

15:25〜15:35 掃除
「全員清掃は必要なのか」という疑問もありますが笑,校舎を綺麗に使うことはとても大切なことなので全力で磨きます。
指示を出すだけの教員もいますが私は生徒と一緒に担当箇所を精一杯掃除する派です。
担任をしていると教室掃除の担当になることが多いので主に生徒の机を拭くようにしています。
(落書きの有無を確認できることに加えて机を拭く姿を見た生徒は落書きをしなくなる)

15:40〜15:50 夕学活
1日をふり返る大切な時間です。
早く帰りたい(部活動に行きたい)と思っている生徒も最後まで話を聞ける状態を作ります。
しかし長々と話すわけではなく必要なことだけを端的に述べるように心がけています。

15:50〜(放課後) 部活動,生徒会活動,学習,etc
夏場なら17:45まで,冬場なら16:30まで(学校による)です。
部活動で輝く生徒もたくさんいます。
適度に身体を動かすことで学習に良い効果を生むという研究結果もあるみたいです。
また生徒会や専門委員会が学校をより良くするために何ができるのかを考える時間も主に放課後を利用します。
さらに放課後も「英語を教えてください」という生徒がいれば迷わず協力させていただきます。笑

その後〜 教材研究,生徒指導,保護者対応,家庭訪問,etc
中学校では1日に信じられないくらいの出来事が同時多発します。笑
だから面白いのですが大変なのも事実です。
「生徒が満足できる&必死に取り組める」を目指した授業づくりは時間がどれだけあっても足りませんが,限られた時間の中でどれだけのパフォーマンスができるかという考え方も必要だと最近は思っています。

※学校により授業開始時刻や下校時間が異なります。

中学校教員はおすすめの仕事

こうして書き出してみると中身の詰まった楽しそうな1日です。
(ワクワクできる!)

以前にも書きましたが私は学校の仕事はある意味遊びとして捉えています。
(ふざけているわけではありません)

毎日表情が変わる生徒と関わり英語について話をすることがめちゃくちゃ好きです。

これからも頑張ります。

教員採用試験にて「なぜ教員を目指されているのですか」という質問に対して「未来を担う次の世代と関わることができる素敵な仕事だからです」と答えました。

その気持ちは今も変わっていません。

最後までお付き合いいただき,ありがとうございました。

余談

他府県で教員をした経験もありますが,どこの学校でも生徒の本質は同じです。

これからも本気で生徒と向き合っていきます。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる