やってから考える

100記事目

「100とはただの数字であり通過点に過ぎない」とドヤ顔でかます𠮷水です。
#自己満足

いつもお読みいただきありがとうございます。

今回は記念すべき100記事目なので今現在私が思っていることや考えていることを書く回にします。
#ハズレ回

3月でリセット

今年度,私は中学3年生を担当しています。

3月に入ると卒業式の練習で基本的に教科の授業はありません。

そして生徒が卒業した後はもちろん授業がありません。
(書類仕事は山ほどあるよ!笑)

そして3月は人事異動の時期でもあります。
(自分が出る出ないに関わらずソワソワする時期です笑)

そんな私たち教員は3月が終わると同時に一旦リセットされます。

勤務校が変わるだけでなく勤務校内での教員配置なども4月1日にガラッと変わることがあります。
(何となく「来年度は◯年生担当かな」という予想はできますが)

つまり今の私は早くも上記のようなモードに入りつつありソワソワドキドキしているのです。笑

次年度の準備

引き継ぎ事項も含め次年度に向けて様々な準備をしなければなりません。

私たち教員に休む暇などないのです。
(授業準備や英語に関する仕事は大歓迎! その他の仕事は本当にしたくない)

すでに気が重いですが頑張ります。

さっさと片付けて英語の勉強をします。

考えていることを箇条書き

・「音読」に力を入れる(自分&生徒)

・「リスニング」→「絵を時系列順に並び替える」

・教科書本文をモノローグにして最後に1〜2文付け足す活動

・「リテリング」の頻度を増やし「自己表現」への接続

・My Word List の作成

・「気づきノート」の定着

・家庭での音読練習(教科書に記載されているQRコードを読み込むことでいつでもネイティブの発音を聴くことが可能)

・「英語教育(大修館)」の定期購読

・「CNN ENGLISH EXPRESS」も定期購読

・「ENGLISH JOURNAL(アルク)」も定期購読?

・自分が自信を持って指導できることを中心に指導

・自宅の書斎スペースの活用(暑い&寒い時期は使用不可笑)

まだまだありますが,この辺で。笑

「やってから考える」

とにかく行動することが大切なのはみなさんもご存知だと思うのですが,これがいざ自分のこととなると難しいものです。

しかし,4月から新たな環境になると分かっているのであれば今できることをぶっちぎりの努力でするしかありません。

「結果が出なければどうしよう」などと考えていても何も生まれません。

結果が駄目でも「やって駄目だった」と「やらなくて駄目だった」では得られるものが全く異なってきます。
(データが取れる時点で成功への一歩です)

まずはめちゃくちゃ行動します。

4月からの新年度は実践報告もここに記していきます。

最後までお付き合いいただき,ありがとうございました。

余談

タイトルの「やってから考える」は私が最も好きな言葉です。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる