法助動詞

冒頭の挨拶にお付き合いください!

スタバ店員さんからの「このままのお渡しでよろしいでしょうか」が「このままの私でよろしいでしょうか」と聞こえて焦ったものの,「ええ,そのままの君で素敵だと思います」と切り返せないメンタル弱めの𠮷水です。
#関 正生さんの体験を丸パクリ(すみません!)

記念すべき44記事目となる今回から冒頭の挨拶を書き始めます。
(学級通信でも毎回同じことをしているのでご容赦ください笑)

さて,昨日の記事「定冠詞 the」が面白かったとの感想をいただきました。

ありがとうございます。

読んでいただける人が1人でもいてくれると,これからも頑張れます。

今後ともよろしくお願いいたします。

法助動詞

本日は,「法助動詞」を扱います。
(具体的に can や will を取り上げるのではなく,助動詞そのものを攻めていきます)

「助動詞とは何」と生徒に尋ねると,「動詞を助ける詞」や「意味を加える詞」という答えが返ってきます。
(いつも素敵なレスポンスをありがとう!)

これらは,国語科の授業の中で学んだ「助動詞」の知識かもしれません。

しかし,英語の助動詞を「動詞を助ける」「意味を加える」と覚えていても使いこなすことはできません。

実は,can や will は助動詞の中でも「法助動詞」と呼ばれています。

この「法」とは何なのか。

調べてみると,次のように解説されています。

法助動詞「話し手の気持ちや態度を表す,話し手の主観的判断を表す」

「気持ち」「態度」がポイントです。

例文を用いて,分かりやすく説明します。

She writes a novel every month.「彼女は毎月小説を書く」

この文は,ただ「彼女が毎月小説を書く」という事実を伝えているだけです。

それでは,法助動詞 can をこの文に加えてみましょう。

She can write a novel.「彼女は小説を書くことができる」

この「できる」には「できる(と私は思う)」が隠されています。

つまり,話し手(私)の気持ち(意見,判断)を文に乗せているのです。

「法助動詞」を使いこなすことができれば,英語の表現の幅がさらに広がります。

最後までお付き合いいただき,ありがとうございました。

余談

フライングで昨日 will の記事をリリースしました。

will も「法助動詞」のひとつなので話し手の気持ちが含まれています。

そう考えながら昨日の記事をふり返っていただけると,さらに楽しんでいただけるかもしれません。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる