「真実はいつもひとつ」

決め台詞

今回は,またまた趣向を変えていきます。

某探偵アニメで「真実はいつもひとつ」という決め台詞を聞いたことがある人も多いでしょう。

ここで大切なのは「ひとつ」という言葉です。

当たり前のことですが,何事においても「真実はひとつ」しかありません。

これは,もちろん英語でも同じことが言えます。

「truth には必ず定冠詞の the を用いる」

例文を出します。

Tell me the truth.「私に真実を話して」

これは,私にとっても,あなたにとっても,誰にとっても「真実」はひとつしかないので,「共通認識の the(後日扱います)」を冠詞として使います。

つまり,「(分かるだろう,この世にひとつしかない)真実を話して」となります。

余談

逆も提示しておきます。

世の中に lie「嘘」はいくらでも存在するので,the を用いずに不定冠詞の a を用います。

Don’t tell a lie.「嘘を吐くな」

He often tells a lie.「彼はよく嘘を吐く」

信用で稼ぐ時代に,嘘は無意味なので止めましょう。

最後までお付き合いいただき,ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる