talk to と speak to の違い

タイトルを書きながら,そもそも talk,speak,tell,say の違いを明らかにした後,前置詞 to との繋がりにいくべきだと気付きましたが,書き出すと止まれない(止まらない笑)ので,そのままいきます(後日,基本動詞4つを比べた記事を投稿します)。

talk と speak

日本語でも「恋愛トーク」「ビジネストーク」という言葉があるので,「トーク」を普段から使っている人も多いと思います。

このことから,talk からは「話し合う」をイメージ(A:「誰々のことが好き」,B他:「きゃー!」的なみんながワイワイ発言する)しやすいです。

それに対して,speak は日本語にも「スピーカー」という言葉があるように,「一方的に話す」イメージ(スピーカーから音は出てきますが,返事をすることはできません)があります。

【コア】talk「言語でやり取りをする」

【コア】speak「言語音を出す」

会話例を付けておきます。

A:Can I talk to Scot?「スコットと話せる?」

B:Scot speaking.「スコットだよ」

やり取り(トーク)をしようとしているAさん,一方的に返事(スピーク)をしたBさんという具合です。

調子に乗ってもう1つ。笑

赤ちゃんが少し言葉を発し始めたとき。
My baby started speaking.

その赤ちゃんが意思疎通できるようになってきたとき。
My baby started talking.

これで,talk と speak の違いがはっきりしました。

前置詞 to を付け加える

それぞれに今回のタイトルである to を付け加えると,意味がよりはっきりしてきます。

後日,詳しく書きますが,今回は to「→」のイメージでいきます。

ちなみに,先に述べておくと,talk to と speak to はほとんど同じ意味になります。

しかし,「形が違えば意味が違う」という英語のルールに従って,例文でサクッと説明します。

talk to A「(話し合いたいから)Aに話しかける」

speak to A「(言いたいことがあるから)Aに話しかける」

以上のように,話し手の気の持ちようが違います

基本動詞の talk と speak のコアを理解していれば,今回のような微妙な違いも楽しむことができます。

余談

こちらの例も分かりやすいかもしれません。

talk to myself と speak to myself の意味は「独り言を言う」ですが,talk to myself だと「自分に語りかけるように」というニュアンスが生まれます。

英語の面白さのひとつは,間違いなく英文法です!笑

最後までお付き合いいただき,ありがとうございました。

〈参考文献〉
田中茂範, 弓桁太平. イメージでわかる表現英文法. 学研プラス, 2016

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる