have

「基本動詞」

英語には「基本動詞」と呼ばれるものが存在します。

「基本動詞」は様々な場面で使うことができるので,英語でのコミュニケーションに幅が生まれます。

それでは,「現在単純形」はもちろん,「現在完了形」や have to など,たくさんの表現に使用される have を攻略していきましょう。

【コア】have「自分の領域に何か(モノ・コト)を持っている」

まず,「自分の領域」のイメージづくりからです。

「自分の領域の何か」は「モノ」だけではなく「コト」も表現するということを意識してください。

最初は,中学1年で学ぶ内容ですが,復習としてお付き合いください。笑

I have many books.「本をたくさん持っている」(モノ)

これは「自分の領域に本(モノ)を持っている」という表現です。

「自分の領域」とは,自分の手元だけではなく,自分のバッグや部屋も含みます。
(I have many books. は,自分の手で本を持っているわけではありません)

それでは,次に「コト」を見てみましょう。

I had a good time at the party yesterday.「昨日パーティで楽しい時を過ごした」

まさに,「楽しい時をすごした」という「コト(経験)」を持っているイメージです。

つまり,目に見えるモノだけではなく,経験などの目に見えないコトも have することができるのです。

さらに,中学3年生で学ぶ「現在完了形」にも少し触れてみます。

I have already finished my homework.「すでに宿題を終えた」

これも「自分の領域にコトを持っている」です。

つまり,「宿題を終えたという状態(コト)を持っている」→「宿題を終えた」となります。

have「持っている」→ have「自分の領域に何かを持っている」とするだけで,今までに別物として学んできた have to や「現在完了形」もすぐに理解できます。

また,使役動詞としての have も以下のように考えることができます。

I had my little sister clean my room.「妹に部屋を掃除してもらった」

同じく,「妹が部屋を掃除したという状態(コト)を持っている」→「妹に部屋を掃除してもらった」となります。

今回の have のように,「基本動詞」を正しく知ることで,英語の表現の幅がグーンと増えます。

コアである「自分の領域に何かを持っている」をイメージしながら使っていきましょう。

最後までお付き合いいただき,ありがとうございました。

余談

イギリス英語でよく使われる好きな表現があります。

Have a look.「見て」

これも,「見るという動作(コト)を持っている」と考えることができます。

本当に英語は奥が深くて,面白い言語です。

〈参考文献〉
田中茂範, 弓桁太平. イメージでわかる表現英文法. 学研プラス, 2016

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる