「未来の表現」

「未来形」は存在しない

「未来の表現」について話を始めると,塾ですでに学んでいる生徒が「あー,未来形ですか」と口にすることがあります。

また,以前英語科教員の研修会の中でこの話をしたところ,英語の時制は「過去,現在,未来の3つではないのですか」という質問がありました。

しかし,英語に「未来形」は存在しません

正しくは「未来の表現」

そもそも,will や am / are / is going to を「未来形」と習った人が多い(私もそうです)です。

しかし,私たちはこの疑問を簡単に解決する方法を知っています。

それは,辞書を引くことです。

辞書で take(動詞)を調べると……

原形:take

現在形:take

三単現:takes

過去形:took

ing形:taking

過去分詞形:taken

このように,原形と変化形が全て書かれています。

しかし,どこにも「未来形」は見当たりません

また,「未来の表現」として有名な will も「現在形」です。

ちなみに,「過去形」は would です。

これで,「未来形」がどこにもないことが分かりました。

同じように,am / are / is going to は「現在進行形」を用いることで「未来の表現」をすることができます

つまり,will も am / are / is going to も「現在形」を使って「未来の表現」をしているのです。

最後に,例文を2つ紹介します。

I’ll get the phone.「僕が電話に出るよ」
(その場の「ノリ(現在)」で,未来(電話に出る)を表現している)

I’m going to visit London next week.「来週,ロンドンに行きます」
(ロンドンに行くという予定(未来)に向かって今進んでいる(動画的))

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる