「受動態」

「受動態」のコア

前回の記事では「受動態」の使用場面例を紹介しました。
(あくまでも場面にフォーカス)

あわせて読みたい
「受動態」の考え方 「受動態」にはあまり馴染みがない 現在,私は中学3年の英語を担当しています。 しかし,コロナショックの影響でしばらく授業がなかったのでここで頭の中を整理してお...

今回は英語を使って「受動態」をさらに深めていきます。

前回の記事の最後の方にも書きましたが改めて確認します。

「受動態」はこう考えます。

【コア】「受動態」→「対象に視点を置き,行為者をあいまいにする」

「能動態」の文と比べてみます。

(能)My friend broke the window.「友人が窓を割った」

(受)The window was broken (by my friend).「窓が割れた(友人の行為によって)」

「能動態」の文は主語が友人(My friend)です。

友人という行為者に視点を置いています。

しかし,「受動態」の文では窓(The window)に視点を置いています。

友人という行為者をあいまいにしているのです。

ちなみに「by+行為者」を付け加えると行為者を表すことができます。

しかし,行為者に注目がいかないように表現したいときに使用するのが「受動態」です。

「受動態」では基本的に行為者を表さなくても良いのです。

最後までお付き合いいただき,ありがとうございました。

余談

もし「by+行為者」を付け加えた場合,「わざわざ付け加える→強調」となります。

例えば以下のような表現は基本的に不自然です。

Shizuka is loved by Nobita.「シズカはノビタに愛されています」

これだと行為者が強調されることで「シズカを愛しているのはノビタしかいない」ようなニュアンスが出てしまいます。

Nobita likes Shizuka. の方が自然で良い表現です。

使用する場面にはご注意を。笑

〈参考文献〉
田中茂範, 弓桁太平. イメージでわかる表現英文法. 学研プラス, 2016

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる