「現在進行形」

「現在進行形」

前回の「現在単純形」に続き,今回は「現在進行形」を扱います。

コア】「現在進行形」→「物事を動画的に表現する」

「コア」を頭に入れて,例文を見ていきましょう。

She is running in the rain.「彼女は雨の中を走っている」

説明が不要なくらい「動画的」ですよね。笑

もうひとつ,例を出します。

The bus is stopping.「バスが止まろうとしている」

これも「動画的」を意識すれば,「止まっている」ではなく,「止まろうとしている」というイメージが容易に浮かびます。

「状態動詞」の「進行形」

また,おそらく,英語をオーソドックスな流れで学習していると「状態動詞(live, like など)」は進行形にしないと習った人が多いはず(私もそうでした笑)です。

しかし,それは間違いです。

確かに,進行形にすることは少ないかもしれませんが,実際には状態動詞の進行形が使われることはあります。

① I live in Kyoto.

② I’m living in Kyoto.

日本語に訳すと,どちらも「私は京都に住んでいる」ですが,表す意味は全然違います。

①は以前にも記事にした「現在単純形」なので「今を中心に動きや変化がない」,つまりずっと住んでいることが分かります。

②は「現在進行形」です。

静止画的(動きや変化がない)な「現在単純形」に対して,動画的なものが「現在進行形」です。

そうなると,②を使う場面は「京都に住んでいる」というものが動画的に表現されるので,「一時性」を含意し,「今京都に住んでいる(しかし,それがずっと続くというわけではない)」となります。

余談

最後に,教え子が鋭く見抜いた英文を紹介して終わります。

(地元にて)My father is living in Tokyo.

あ,分かった! お父さん,単身赴任でしょ!」

「天才!」と思わずツッコミを入れました。笑

 

 

 

 〈参考文献〉
田中茂範, 弓桁太平. イメージでわかる表現英文法. 学研プラス, 2016

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる