「現在単純形」

ブログが楽しい!

MimicMimi(このブログ)を始めて,すでに10日以上が経ちました。

ブログはもちろん,サイトのデザインを自分好みにできることが楽しくて,数分前までトップページのメインビジュアルをずっと編集していました。
(未だに,何がどこにあるのか,どこをどういじればいいのか,手探り状態ですが笑)

一応納得のいくところまで辿り着いたので,トップページのデザインも楽しんでいただけたら嬉しく思います

さて,一見順調にスタートした私のブログですが,ひとつもやもやしていたことがあります。

それは何かというと,「英文法」に関する記事をひとつも書いていないことです。笑

いえ,笑っている場合ではありません。

このブログは,「英語教育」と「英文法」の2本柱で成り立ちます。

ということで,今回から始まります!

現在単純形

「現在形」は英語学習を始めて最初に出会う時制だと思います。
(I am a student. や I like pancakes. などがそれです)

最初は何の疑問も持たずに,「簡単じゃん!」と学習を進めていけるのですが,「現在進行形」が登場する辺りで,「あれ? 現在形と何が違うんだ?」と分からなくなる人がいます。

「現在形」は何を表す?

少し考えてみてください。

 

 

 

「今のこと」,または少しレベルを上げて「現在の習慣」と答えた人は,「現在形」が正しく分かっていない(これが丸暗記のダメなところ)ので,ぜひ最後まで読んでいってください。笑

This train leaves in two minutes.「この電車は2分後に出発します」

この例文は「2分後の未来」について表現しています。

しかし,「現在形」が使われているのはなぜでしょうか。

これを解決するには,「コア」が大きな力を発揮します。
「コア」とは,本質的な意味(文脈に左右されない)を表す〈別記事で後に投稿予定〉)

それでは,早速「現在形」のコアを紹介します。

【コア】「現在形」→「今を中心に動きや変化がない」

これだけ理解していれば,もう「現在形」は大丈夫です。

上の例文でいえば,電車のダイヤは時間が決められていて変化がないから「現在形」を用いるわけです。

最後に,例文をいくつか紹介して終わりにします。

I live in Japan.「私は日本に住んでいます」(そんなに簡単に住む場所を変えることはできません)

The sun rises in the east.「太陽は東から昇る」(太陽は必ず東から昇ります)

Light travels faster than sound.「光は音より速く進む」(光が音より速く進むことは変わりようのない事実です)

余談

「現在形」の正しい呼び名は「現在単純形」です!

 

 

 

〈参考文献〉
田中茂範, 弓桁太平. イメージでわかる表現英文法. 学研プラス, 2016

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる