英単語の覚え方

「英単語を覚える=ノートに何回も書く」

こういう覚え方をしている人は珍しくありません。

実際,私自身も学生のときには同じことをしていました。

中学生の頃は記憶力にも自信があり,ノートに数回書けば何でも覚えることができました。

しかし,高校生〜大学生になると覚えるべきことが多すぎて,書く時間すら確保できないような状況になってしまい,挫折を味わうことになりました。

考え方の変化

この考え方は教師になってから少しずつ変わってきました。

そもそも,「書いて覚える」に疑問を持ち始めたのです。
(時間がかかり過ぎる)

そして,「書く」こと自体が面倒です。
(これは私の性格の問題です笑)

例えば,世界史の教科書に出てくる有名な人物の名前をすべて一度ずつ書くだけでも,腱鞘炎になってしまいそうです。

もちろん,英単語は無数にあるので,同じことが言えます。

それでは,どのように英単語を頭に入れていくのか。

ヒントは国語の授業

国語の授業を例に出すと簡単に答えが見つかります。

私が中学生のときには,「枕草子」を暗唱するという課題テストがありました。

それでは,あなたが同じ状況に置かれたら,「枕草子」を暗唱するためにどのような方法を選択しますか。

「声に出して」何度もくり返す

ぶつぶつと何度も呟いた過去があるはずです。

実は,これが英単語を覚える方法でもあります。

つまり,人間は何かを覚えるとき,それらを声に出す傾向があります。

これは,無意識に人間が一番覚えやすい方法を選択しているのです。

そうなれば,英単語帳も恐くはありません。

どんどん読んで,どんどん進めていきましょう。

これは,算数で学んだ九九のかけ算と似ています。

誰もが小学生のとき,何度もくり返し言うことで,頭に叩き込みましたよね。

そして,クラス全員が言えるようになったことを覚えています。

つまり,声に出すことは何かを覚える際にとても有効な方法だということが,すでに証明されているのです。

ちなみに,一度では覚えられません。

英単語を見て,声に出し,それを何度もくり返すことが必要です。

特に,「くり返す」の部分に力を入れてください。

そうすれば,同じ英単語に何度も出会うことになるので,長期記憶として定着していきます。

余談

大学生時代,薬局でバイトをしていたときの話です。

働き始めてから数日の内に,何度も訪ねてくる老人がいました。

私はその方の風貌や言動を気にして見ていたわけではありませんが,いつの間にか名前や購入していく商品まで分かるようになりました。

つまり,同じモノ(人)に何度も出会うことで,必ず自分の力になっていくのです。

キーワードは「くり返す」です。ぜひ,実践してみてください!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる